病院と助産院では違いがあります

妊婦さんが出産のために選ぶ施設として、
大きく分けると医師がいる産婦人科の病院や診療所を選ぶ場合と、
医師がいない助産院を選ぶという二つのケースがあります。

 

どちらの施設でも助産師の雇用はありますが、
実際に働いてみると助産師が行う仕事内容には
大きな違いがあります。

 

 

また、取り扱う分娩の内容も変わってきます。

 

助産院は正常分娩以外取り扱うことがないのですが、
病院ではいわゆるハイリスク出産なども取り扱います。

 

より多くの臨床経験を積みたい場合には、
産婦人科の方が良いと言われていますよ。

 

ただ、ハイリスク出産を含む多くの臨床経験の中には、
母体の命がハイリスクな状態である、
新生児の命がハイリスクな状態であるケースもあります。

 

 


助産院ではより多くの臨床経験を積むというよりは、
自分が理想とする助産の形を実現し、
妊婦さんと身近な存在として助産を行うことになります。

 

 

助産院の多くは個性的な運営をしていると言われています。

 

助産院の考え方と、自分自身の考え方に大きな隔たりがあると、
勤務自体が大変、辛いと感じてしまう事もあるので、
勤務先を選ぶ時にはしっかりとその点を確認し、よく考えることが重要になってきます。

 

実際に助産行為を行うのは、
病院よりは助産院の方が少なく、
事務処理などもとても多くこなす必要もありますよ。