助産院勤務は個人の責任が強い!?

一時期は出産は産婦人科医がいる病院が安心で、
助産院はちょっと・・・という妊婦さんが多くいましたが、
最近ではより自然でアットホームな出産が出来る助産院は人気になってきています。

 

助産院は病院や診療所に比べると規模自体が小さく、
一人の助産師が妊娠が分かってから出産、
そして育児までサポートしてくれるという安心感もあります。

 

 

家族全員が立ち会う出産が出来るということで、
二人目や三人目の出産は、
助産院でと考えている人も多いそうです。

 

このような希望を持って助産院に通う妊婦さんに対応するのが、
助産師の役割になりますよね。

 

一人ひとりの助産師の器量が試され、
個人に掛かる責任は強いものになってきます。

 

 

 

病院勤務から助産院に勤務するという時には、
いくつかの点で違いを理解することが必要になります。

 

病院に比べると助産院は規模も小さく
設備も整っていないことも多いですよね。

 

また、病院とは異なり、
その場には産婦人科医はいないということもあります。

 

 

どんなに出産までの過程が順調でも、
出産の場で異常が出てくることもあります。

 

連携する医師に委ねる判断力などが問われることにもありますよね。

 

病院に勤務するのに比べると、
助産師個人に掛かる責任は重くなりますので、
対応できるラインの見極め。
ということが必要になるということを理解することが必要です。