年収って、どのくらいですか?

看護師という職業には、
いくつかの上位職と呼ばれている職業がありますよね。
助産師もその一つです。

 

上位職といっても、
実際に働いてみるとその内容というのは大きく異なる。
というものがあります。

 

助産師の仕事というのは、
女性の生涯をサポートするという役割です。

 

妊娠から出産の過程だけをサポートすると思われがちですが、
実は一生を通じたケアを行うのが助産師の仕事です。

 

看護師に比べるとスケール自体も大きく、
仕事内容もとても異なると感じられますが、
給料という点でみると、実は看護師と大きな違いがない場合は多いんです。

 

 

月収ではだいたい30万円程度と言われていて、
経験を積むことで昇給して行く仕組みというのも、
ほとんど同じです。

 

 

 

看護師に比べると助産師の方が夜勤をこなす割合が高くなることが多いため、
夜勤手当が高くなることや、
調整手当や各種手当などが増えることが多くなります。

 

助産師としての資格手当もあるので、
看護師の給料よりはやや高めになることもあります。

 

年代によっても年収は異なりますが、
20代なら400万円台、
40代なら650万円くらいというのが相場と言われています。

 

 

平均的には500万円くらいが年収の相場と言われていますよ。
助産師には単独での開業権もありますが、
開業助産師となると年収は高くなっていきます。